パパ活で身バレする原因と対策!身バレした時の対処法まで

そもそもパパ活で身バレとは?何が危険なの?

パパ活界隈では”身バレはヤバイ”とよく言われますが、具体的に何が危険なんだろう?って思ったことありませんか?

  1. パパ活の相手に自分の個人情報を握られてしまう
  2. 自分の周りの人にパパ活していることがバレてしまう

身バレのパターンは主にこの2種類。そして身バレをすると、いろんな怖いことや不都合が起きちゃうんです。

具体的に身バレの怖さを知ってもらうために、まずは身バレの内容を説明しますね。

1.パパ活の相手に自分の個人情報を握られてしまう

パパに自分の個人情報が漏れてしまうことを身バレ、と呼びます。

「でもお金持ちの信用できる人だし大丈夫じゃん?」と思うかもしれませんが、そうはいかないんです!

例えばパパがガチ恋パパになった場合、好きな気持ちが高まりすぎてあなたの家に押しかけてくるかも。

会社名がわかれば、オフィスの前で待ち伏せもできますよね?ストーカーになったらもっと厄介で、「訴えるぞ!」と脅してくるような人もいます。

実際に私もパパと揉めてしまったときに、「君は結婚詐欺をしたから、訴えます」とメールが来てしばらくの間ポストに書類が来るんじゃないかと毎日怯えていました。

他にもあなたの本名でFacebook検索して過去を探る、周囲の友人に勝手に「彼氏です」などと連絡する怖い人もいるんですよ。

このようにあなたの本名や住所、会社名など個人情報は徹底して隠すべきなんです。

2.自分の周りの人にパパ活していることがバレてしまう

次に怖いのが、周囲にパパ活していることがバレること。パパ活って本来健全なものですが、世間的には”援助交際”や”愛人契約”です。

つまり「あの子愛人やってるんだって〜」「援助交際してんだ、やば〜」なんて、白い目で見られる可能性が高いってこと。

会社の同僚にバレたら噂が立って、最悪クビなんてこともあり得ます。親や彼氏にバレたら間違いなく悲しませるし、彼とはお別れしないといけなくなるかもしれないですよね。

とにかくパパ活ではパパにも周りにも、”バレない”ことを意識して行いましょう!

パパ活女性に多い身バレの原因と対策

「そもそもなんで身バレするの?」と疑問に思っている人もいますよね。

原因は主にうっかりミスとか、認識の甘さです!

  1. パパを信用して個人情報を話す
  2. アプリのプロフィール写真を知り合いに見られる
  3. 友達や同僚にパパ活を自慢する
  4. 高級品を身につけるようになる
  5. 会社・家の近くでパパとデートしている
  6. SNSでパパとのデート写真をアップしている

思い当たることありませんか?実は私もこれが原因で身バレ、周囲バレしてトラブルになっちゃったことがたくさんあります。

それでは1つずつ説明していきましょう!

1.パパを信用して個人情報を話す

男性が社会的地位があってお金持ちだと、ついつい信用してしまいがち。それで自分の本名や住所、会社の名前などを喋ってしまう人がいます。

でもこれが落とし穴で、社会的に成功している男性=変じゃないとは言い切れません。意外とお金持ちの男性ってメンヘラ気質だったりして、ストーカーに変貌することも。

実際私を「訴える」と脅してきたパパは、3つの会社を経営する超やり手の男の人でした。

対策としては、架空のプロフィールを作って暗記し、パパには自分のことを一切話さないことです。

  • 本名
  • 住んでいる地域
  • 仕事
  • 生年月日
  • 出身地
  • 出身大学

私がパパ活するときは、この情報は全てうそ!

本当のことを伝えるのは趣味くらいかな?

暗記するのがちょっと大変ですが、これくらい徹底すればほぼパパに身バレすることはなくなります。

2.アプリのプロフィール写真を知り合いに見られる

パパ活アプリを利用している人は、顔写真に注意しましょう。プロフィール写真を知り合いに見られて「あの子パパ活してるの!?」とバレる可能性は0ではないんです。

特に顔出ししてる人は、常にそのリスクがあります。

一番安全なのは顔出しをしないこと。パパの食いつきはちょっと悪くなるけど、パパ活できないことはありません。

顔の下半分だけ、体だけ写すと、万が一知り合いに見られてもバレづらいです。

次にアプリの機能で、身バレ防止対策をしましょう。

「プライベートモード」と呼ばれる機能で、自分のプロフィールを検索結果に表示させないようにできます。

色んなパパにプロフィールを見られないので、知り合いに写真を見られなくなるんです。

ただし男性からのアプローチはなくなるので、自分でプロフ検索>いいね!をしていく必要があります。

プロフィール写真が顔出しの方は、知り合いに見られるリスクも考えておいてくださいね。

3.友達や同僚にパパ活を自慢する

パパ活をしていると「なんだか自分は特別」な気分になって、ついつい自慢したくなりませんか?

人よりお金があるし、一人の男性から貢がれていると調子に乗っちゃいますよね。

でもパパ活していることは、親友にも内緒にしましょう。

特に女友達には絶対に話しちゃダメです。女性って嫉妬心が強いので、今まで同レベルだった友人が急にお金を持ち出すと悪口を言ったり、離れて行ったりします。

黙って離れていくならマシだけど、周囲に「あの子愛人やってるっぽい」と噂を立てられたら…。

女性はおしゃべりです。噂話も大好き。パパ活のことは、プライベートでは話さないようにしましょう。

4.高級品を身につけるようになる

パパにもらった高いバッグやアクセサリー、身につけたいのは当然!

でももともとブランドに興味のない人や、「お金がない」と公言していた人は、プライベートでは付けないようにしてください。

周囲の人(特に女性)は、「あの子なんか羽振りよくない?」とすぐに変化に気づきます。

家族も「自分じゃ買えないようなブランドバッグ持ってる」と不審に思うでしょう。

基本的に普段の生活は大きく変えないこと。

身につけるものを変えるなら、ちょっとずつ…を意識してください。

ブランドバッグなどの高級品は、一人で出かける時とかパパとデートする時だけ持ち出しましょう。

5.会社・家の近くでパパとデートしている

自分の生活圏でパパと会っていると、知り合いに鉢合わせ・目撃される可能性があります。

「なんかおじさんと歩いてたんだけど…」と噂を立てられ、身バレに繋がっちゃうんです。

デートの場所は自分の会社や家から離れた場所で!とにかく「誰も私を知らない」くらいの場所を選びましょう。

いつどこで知り合いに会うか分からないので、道でも腕を組んだりいちゃついたりしない方が良いですよ!

6.SNSでパパとのデート写真をアップしている

パパ活女子さんはInstagramやTwitterで、デート写真をアップしている人が多いです。

が、これも要注意。

登録に使うメアドや電話番号で、友人のおすすめに出てきてしまうからです。

「高級レストランばっかり行ってておかしい」「高いものを買ってもらうパトロンがいるんじゃ」と思われたら、速攻で噂の的に。

プライベートアカウントでパパ活写真を投稿しないこと、パパ活アカウントを作るときは鍵をかけましょう!

たくさんいいね!はもらえないかもしれませんが、身バレするよりはマシ。

SNSが好きなパパ活女子さんはSNSにも注意ですよ。

安心!身バレ防止機能が充実しているパパ活アプリ・サイト3選

さっき身バレ対策の箇所で「プライベートモード」のお話をしました。

この機能がついているアプリを3つ紹介します。

  1. Paters(ペイターズ)
  2. MITSUMITSU
  3. PJ

このアプリには身バレ防止機能がついているので、プロフィールから周囲に身バレするリスクが低いですよ。

それでは1つずつ内容を紹介していきます。

1.ペイターズ

ペイターズ

パパ活アプリの代表格とも言える「Paters(ペイターズ)」も、身バレ防止機能が充実しています。

マイページ>プライバシー設定>プライベートモード設定をON

これだけで、男性の検索結果にあなたの情報が表示されなくなります。もちろんやりとりしている男性にはプロフィールは見えるので安心してくださいね。

ペイターズは会員数が40万人を超えていて、とにかく出会いの幅が広いです。東京だけでなく、大阪や名古屋などさまざまな地域の会員も多め。

登録料が高いので、男性もお金持ちが登録していますよ。

身バレのリスクが低く、安心して利用できるアプリなのでおすすめです。

2.MITSUMITSU

ミツミツ

2020年にリリースされた最新アプリ「MITSUMITSU」も身バレ防止機能がついてます。

マイページ>設定>プライベートモードをON

ペイターズと同じで、簡単に切り替え可能。いいね!した男性やメッセージしている人だけにプロフィールが見える仕様です。

元はガチガチのパパ活アプリとしてリリースされたので、お金持ちの男性が多くて交渉が楽なのもメリット。(リリース当時はなんとプロフィールに相場を登録できるようになってました!)

まだライバルが少なく、新規開拓におすすめのアプリです。

3.PJ

PJ

パパ活アプリ「PJ」にも身バレ防止機能がついています。

マイページ>設定>プライバシー設定>プライベートモード設定をON

手順はペイターズと同じですね。

アプリの名前からして明らかにパパ活アプリなので、パパ活目当ての男性しか登録していないのがポイント。

面倒な恋愛目的の男性に、パパ活の説明をしなくてよくて楽ですよ。

パパ活で身バレしてしまった時の対処法

最後に、パパ活でもう身バレしちゃった方へ対処法を書いておきます。

  1. パパに身バレした場合
  2. 彼氏・配偶者に身バレした場合
  3. 家族に身バレした場合
  4. 会社に身バレした場合

パパ活女子として身バレのリスクは常に隣り合わせ!しっかり頭に入れておいてくださいね。

1.パパに身バレした場合

パパにうっかり自分の情報を話してしまった時の対処法は2つ。

  • 身分証を見られたなどの場合は認める
    →SNSを鍵垢に・ガチ恋にならないよう調整
  • うっかり口を滑らせた程度
    →誤魔化す

財布を出したときに保険証を見られて偽名だとバレた時は、認めるしかありません。

「最初は〇〇さんがどんな方か分からなかったから、偽名を使ったの」といえば分かってくれるでしょう。

本名バレした後はすぐに本名登録のSNSを鍵垢にして、これ以上の詮索を避けてください。

そして今後のお付き合いの方針としては、ガチ恋・ストーカー化しないようにすることです。揉めるのは別れの時が多いので、関係を精算する時は相手の感情を刺激せず、やむを得ない事情を伝えて別れましょう。

仕事、実家に帰るなど、男性が納得しやすい理由を伝えると、離れやすいですよ。

2.彼氏・配偶者に身バレした場合

あなたのパートナー・家族にパパ活バレしたら、とりあえず「認めない」作戦を取りましょう。

男性やは女性よりつめが甘いので、証拠は握っていないことが多いです!

なので女性に強く否定されると、「あ、してないなら良いけど…」と引いてくれることも。

万が一LINEのスクショまで取られている場合はパパ活をしている理由(同情を引くもの)を伝えて謝罪して、「もうやめる」と伝えてください。

私は「辞める」と伝えて連絡先を消す演技をした後、シレっと再開しました。

とはいえパートナーへのパパ活バレは別れを招くことも多いので、とにかくバレないを徹底するのが一番ですよ。

3.家族に身バレした場合

あなたの家族、つまり両親や兄弟に身バレした時も、認めない方が良いです。

私は「キャバクラやってる」と言い訳しました。

家族にバレる原因は、「お金を持ってるな」と思われることなので、水商売は不自然な理由じゃないんです。

厳しいお家だと怒られることもあるけど、パパ活してるよりはイメージが良いですからね!

4.会社に身バレした場合

万が一会社の同僚に身バレした場合は、無視しましょう。

人の噂も75日という通り、いずれあなたのパパ活疑惑の話題に飽きていきます。

聞かれたら「え?やってないよ〜」とか「彼氏だよ」と言って、噂は放置しましょう。徹底して認めなければ、会社の人たちもそれ以上詮索できません。

上司に呼び出されたら、女の涙を利用してください。

「変な噂立てられて…困ってるんです」と泣きましょう!上司が男性の場合は、泣けば「逆に疑ってごめんね」と謝ってくれることもありますよ。

会社に身バレした場合は認めない、放置する、上司に詰められたら泣く!この3つの対策を取りましょう。

パパ活女子は身バレを防ぐことで自分を守ろう

今回はパパ活の”身バレ”についてお話ししました。この記事を読んで、パパ活女子にとって身バレがリスクが高いってことが分かってもらえたんじゃないでしょうか?

バレた時の対策も紹介しましたが、何より”バレない”のが一番です。

この記事で紹介した原因と対策を頭に入れて、パパにも周囲への身バレも防いでくださいね。

身バレ対策を徹底していれば、パパ活のリスクを下げて安心して稼ぐことができるんです!ぜひあなたも身バレへの意識を高めて、安全にパパ活しましょう!

タイトルとURLをコピーしました